魔術

呪術とパワーストーンの関係

パワーストーンをお守り代わりとして使っている方は多いと思います。
パワーストーンは人間にとても大きな利益を与えてくれるものです。
しかし、常に人間にとって良いことだけをしてくれるわけではありません。

使い方が違えば、時には人間に対して悪さをしてしまうこともあるのです。
それが呪術です。
呪術というのは魔術の一種であり、分かりやすくいえば呪いのことです。

そして、呪術ではパワーストーンの力を借りて何かに呪いをかけるという使い方もあります。
昔は、呪術のための道具として重宝されていたこともありました。
今でも呪術をやっている方は存在していて、そのような方はパワーストーンを呪いのための道具として扱っています。

鈍いというのは非常に恐ろしいものです。
それによって、その人にどんどん不幸が訪れていくことになります。

また、逆にパワーストーンは呪いや呪術から身を守るためにも使われています。
誰が使うかによって人間にとって良いことをするか、悪いことをするのかが異なるのです。

皆さんの中でパワーストーンを使って呪術をやりたいという方がいるかもしれません。
しかし、基本的には他人に呪いをかけるということは良いことではありません。

また、パワーストーンを売っているお店側もそのような使われ方を想定していませんし、
呪いに使うための目的であれば販売することを拒否することだってあります。

それだけ呪術というのは、怖い物であるということは理解しましょう。
どうしてパワーストーンが呪術に利用することができるのかといえば、
やはりパワーストーンには特別な力が宿っているからなのです。
その力によって、あなたは願いを叶えたり、自分の身を守ることができるだけではなくて、誰かに呪いをかけたり、魔術をかけたりすることもできるのです。

しかし、パワーストーンは基本的には人のためになるように使いましょう。
自分や周りの人達が幸せになるために使うことが最も良いことなのです。

このページの先頭へ