魔術

ヒッピー文化とパワーストーン

パワーストーンは歴史の中で色々な文化と関わりを持ってきました。
特に近代になってパワーストーンが注目されるようになったのはヒッピー文化と深い関わりを持つようになったからです。
そもそもヒッピーとは一体何なのでしょうか。

ヒッピーは1960年代の後半から流行るようになりました。
ある特定の信条を持っている人のことをヒッピーと呼ぶようになったのです。
具体的には、伝統や制度などにこだわらず、文明化する前の人間の野性的な生活に回帰しようという考え方のことです。

特にアメリカの若者の中でムーブメントが発生しました。
ヒッピー文化とパワーストーンの親和性が強い理由は何でしょうか。
それはヒッピーというのは基本的に自然に帰れという思想であり、自然の中に存在しているパワーストーンの力を高く評価するようになったからです。

パワーストーンには特に癒やしの効果があると考えるようになりました。
そのため、ヒッピーはパワーストーンを持つだけで、自分が癒やされていくと考えるようになったのです。
特にヒッピーに好まれたのは水晶です。

水晶にはクリスタルパワーが込められていて、これが癒やしの効果を発揮するとして注目を集めるようになりました。
どのような根拠によりそのような力があるのかという説明は基本的には波動が持ち出されることが多かったです。
このヒッピーによるパワーストーンの新しい解釈というのは、日本にも少し遅れて舶来するようになりました。

一時は日本ではこのような文化は廃れたのですが、2000年代になり、スピリチュアルなどの言葉が関心を寄せるようになって、その結果としてパワーストーンのブームが起きるようになりました。
特にテレビの影響力は大きくて、そのような番組もたくさん作られるようになりました。

このページの先頭へ